気分転換になりもなり、手っ取り早く稼げるアルバイトは意外とおすすめ

手っ取り早く稼げるバイトはお小遣い&気分転換になる。それでもほどほどに

 もちろん開業直後はクライアントが一件もなく、仕事もなく、ただひたすら営業の日々となります。穏やかな小春日和の日はまだしも、雨の日風の日などは本当に心が折れそうになります。売上もなく当然お小遣いもないわけで、今日のお昼は何にしようか営業途中で悩むわけです。おなかが空きすぎた午後二時、そんな時間になると必ず目の前に現れる吉野家のだいだい色のサイン看板、ついつい吸い寄せられます。並盛だけだぞ、と決めて入店するも、お味噌汁や漬物サラダたちが楽しそうに踊って歌っているように見えてしまいます。ここで大切なことは、強い意志で誘惑をシャットアウトできる人間だけが、次なるステップへ上がっていけます。要するに自己管理ができるかどうかということです。ここのところは見なかったことにして、無料の紅ショウガをてんこ盛りにするしかない。それでも人間、我慢を続けると疲れます。お味噌汁が飲みたい、漬物が食べたい、冷奴が美味しそうだ、人間誰でも食の欲求があります。

 そんなわけで手っ取り早くお小遣いが得られるアルバイトをお勧めします。所詮はバイトですが、上手くいかない本業からの気分転換にもなり、意外とおすすめです。筆者の場合は曜日を決めてバイトをしておりました。たまたま前職の仕事とかぶるバイトがあり、月曜日と火曜日は割り切ってバイトデーと決めてました。その他週2、3回夕方から夜10時くらいまでのシフト制の仕事や、土日だけのバイトなどにも応募しておりました。ただここで注意しなければならないことは、バイトである程度稼げてしまい、仲間とうまくコミュニケーションが取れて楽しくなってしまうと、逃げ道ができてしまいます。何のために独立したのかを頭の中で冷静にしておかないと、人間楽しいほうへ楽なほうへそれてしまいます。相当強い意志と志で、本業をするための補助くらいに思っておかないと、いつまでたってもこの生活から抜けられなくなります。まずは自分の会社の収支がとんとんでもよいので、バイトを辞めてもまわるようになれば、第一段階クリアです。

→ NEXT