自己管理・時間管理は最も重要

誰にも怒られないからこそ、セルフマネジメント

 サラリーマンを卒業して、あなたははれて起業を果たしたとします。もうこれ以上朝早く起きて、満員電車に乗って会社に行く必要もなくなり、朝寝坊しても誰にも怒られなくなりました。そんな状況を喜んでいられるのは、最初の3日間だけです。売上ゼロの日を重ねるにつれて、あなたはどんどん不安になっていきます。ここでもっとも大切なことは自己管理と時間管理です。たとえ朝寝坊をしても誰にも怒られないからといって、毎日夜更かしをしてはいけません。成功したいのであればまずは規則正しい生活が第一です。早朝のウォーキングはおすすめです。間違いありません。会社に出勤するようなつもりで毎日同じ時間に起き、朝ごはんを食べ、デスクに向かって規則正しく仕事を始める。通勤時間がなくなっただけです。まるで機械が生産管理・時間管理をするかのように、強い意志の下、スケジュールを強制的に組まないと人間は基本怠け者ですから、つい明日でいいやと一日一日先送りしてしまう傾向にあります。明日の明日は明後日、明日は永遠にやってきません。もしあなたがビジネスで本当に成功したければ、今日やる仕事はきっちりその日にこなし、まずは一つでいいので明日の仕事を今日その日にこなすようにできると、あなたは間違いなく成功できます。むしろ先送りしたほうがよいのは、今日の支払いを何とか明日にすることにより、内部留保を手厚くしていきます。地道な努力ができない人に成功はありません。千里の道は今日の一歩の踏み出しです。とても頑張った日の夜に飲むビールは格別でしょう。さぼっている自分は他人にはごまかせますが、自分にはごまかせません。プランの第一段階が完成した、サンプル出来上がりのめどがついた、問い合わせが一件きた、ホームページのアクセス数が先週より増えた、など、どんなささいなことでもよいので、毎週毎月何かしらの結果を一歩づつ残していくことが、成功への階段です。登山でも同じですがいっぺんには登れません。五合目を登って一気に八合目とはいかないのです。日々の地道な作業は、山道を一歩一歩確実に登って行くことと同じだと思います。無理をするとけがをします。

 話がそれてしまいましたが、そんなわけでスタート2時間の午前中は最も頭がさえており、最も重要な仕事に充てることをおすすめします。一日のなかでとても大切な時間帯です。逆にお昼ごはんを食べたあとの午後は眠くなり、メールチェックや雑務整理、仕事場の整理整頓など、体を使う仕事に充てるのもよいかもしれません。また、日銭を稼ぐためのバイトの時間と割り切るのもよいかもしれません。疲れもピークになる夕方はどよんとした空気に覆われ、カフェでのんびりコーヒーを飲みながら雑誌を読んだり、手帳を開いたり、アイデアを考えたりして、休息を取り入れてもよいでしょう。

 セルフマネジメントができ、時間管理もでき、その日のスケジュールはその日に、地味な作業を毎日たんたんとこなしていくことができる人が成功できる人のような気がします。特別な能力は必要ありません。自分が信じられるかどうか、自分の時間を大切にできるかどうかのみです。開業資金に余裕があればOA機器は最新のスピーディーなものを取りそろえ、移動などの細切れ時間を有効活用し、時間の節約を最も大切にし、電話やメールでなるべく事をすませれるよう工夫していきましょう。時間は有限です。