自宅で開業をしよう

 あなたの銀行口座に数千万円の現金がある場合や、先祖代々の土地を担保にお金を借りることができるなら少し異なりますが、たいていの場合はいいところかき集めて元手300万円での事業スタートではないでしょうか。たとえどれだけ司法・行政書士への報酬を値切ってみても、会社として登記するだけで登録印紙代など含めて約25万円かかります。そこへパソコン、デスク、電話FAX、コピー機等のOA機器などを用意しますと、少なく見積もっても最初に40~50万の初期投資が必要となり、さらにパンフレットや名刺等の宣伝物に、事務用品や印鑑等雑費が数万円、ホームページをつくるとさらにかかります。実際に営業活動が始まりますと、移動費や通信費、出張費、お客さんを取るための異業種交流会に出席し、そのあとの飲み会に顔を出し、盛り上がったために終電を逃しタクシーで帰る羽目になるなど、売上はないのに何かとキャッシュアウトの連続の日々です。業種によってはサンプル作製費用等も必要でしょう。

 そんなわけで、まずは自宅で開業をおすすめします。事務所の保証金や前家賃を払っていたのでは、すぐにキャッシュが乏しくなります。最初の半年から1年間は売上ゼロを覚悟して、それでもやっていけるような計算をしましょう。会社登記もお金がかかりすぎるため、何をやるかの業種にもよりますが、最初は個人自営の形態から始めて、ある程度計算が立つようになった時点で会社登記をし、さらなる飛躍を目指すという手順を踏むことは決してかっこ悪くはないです。会社概要にもよく○○年創業、○○年設立とありますので、いろいろな会社のホームページを見られてみてはいかがでしょうか。

 さて、開業準備も無事に終えて、ここから営業の日々が始まります。最初はどれだけ営業しても契約が一件も取れない日々との戦いです。売上ゼロの毎日にメンタル面をどう抑え平常心を保つか、ここからが苦悩の日々となります。 → 意外とおすすめ